読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月賞馬券プラン

土曜の考察は後に回し、反省会を踏まえた「なんでその馬券買ったか」を先に書く。


自分が考えた今回のポイントは、


①馬場が速いうえに、ペースの鍵を握る連中が関西の鉄砲玉みたいな連中。


②ぶん回し差しに向いてない馬場。


③4コーナーでロスなく加速するか、むしろほとんど動かないか。中途半端はダメ。



※うっすらと感じるファンディーナ包囲網




→①が最も結果を左右すると考えていて、今の馬場でさほど緩めずに流した場合、普段の中山に慣れている関東の騎手では厳しいのではないかという一つの結論を手に入れた。


→②これは①とも大きく絡んでいて、持続戦皐月賞ではそれなりに立ち回りも求められるため、直線一気みたいな馬はなかなか買えない。騎手としても中山での立ち回りが出来る騎手を選ぶ必要が出てくる。


→③流れが速くてもぶん回しが効きにくそうな馬場。インが死んでいない。日曜どうなってるかは分からんが、最近は踏み固めてさらに固くなるはずなので、より顕著になる可能性すらある。


…以上の理由から、


・馬と騎手の力量を総合的に判断すると、まずは岩田騎手の8ファンディーナとデムーロ騎手の7ペルシアンナイトが浮上する。勝負どころ(4コーナー)で一気に脚を使うファンディーナと、直線まで我慢してぶん回さず捌けるミルコという組み合わせ。


・ただ、ペースが厳しくなった際に、ファンディーナがどうなるかという点について確証がないため、この2頭からさらに展開…はせずに、大荒れの別ルート開拓を決意。


・今の馬場で厳しい逃げを打った際、果たして差し差しにまでなるかな?という思い。関東勢の差し馬は仕掛けどころを誤り、多くは早く仕掛けすぎて失速するんではないか。



皐月賞で荒れる時は前が基本。ということで、9プラチナヴォイス、11アルアイン、12アメリカズカップ、15アダムバローズあたりを絡めた馬券を買う。軸はミルコかなあ。まだ悩み中。スプリング組なら内にいる分でアウトライアーズを拾うつもり。