読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/8付ハズレ馬券反省会

f:id:yuugi0615:20170408210152p:plainf:id:yuugi0615:20170408203022p:plainf:id:yuugi0615:20170408203034p:plainf:id:yuugi0615:20170408203048p:plainf:id:yuugi0615:20170408203057p:plainf:id:yuugi0615:20170408203107p:plain


…本日はこの5つしか買っていません。いわゆるストレート負けです。


中山7。馬場が速く前が有利だということはすぐに分かったので、履歴から

「同距離同コース、テンが速いレースを前(2番手以内)に付けて差のない競馬をしている馬」

を探す作業へ。


→6エッシャーが浮上。1番人気8アシャカダイキとのオッズ差を見てエッシャー単勝のみに決める。


結果:G前接戦アシャカダイキが僅か競り勝ち悔しい2着。


反省点:特にない。と言いたいところだがめっちゃ致命的なのがある。この2頭の馬連オッズを見てなかった。まさか11倍も付いてたなんて……それならむしろそっちにした可能性すらあったのに。。こないだ言ったばっかりだよねえオッズ作れって。早速やらかしてます。習慣こそ最大の悪敵なり。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


福島10。メンバーで唯一同条件2着の実績に加え、福島にも勝ち鞍ありという状況で10番人気だった9マイネルユニブランを発見、相手関係見る暇なくとりあえず複勝を置いた。


結果:テンから出して埒沿い3番手。開幕週やしいけるやろ〜からの秋山さん雑な捲りで前にいた3頭が沈む。その中でも最後まで3着争いには食いさがった(6着)のであれば狙いとしてはそんなに悪くはなかったかな。


反省点:開幕週福島という前が有利な馬場だけどその分騎手の意識も前に寄るというどないせっちゅうねんな状況、あなたの腕で解けまして?やはり手を出しちゃいけないんだよね。最近はローカルの方が前が事故りやすいもんな。そんなの何年前から知ってるじゃん。もう買うなよ?分かったか?


ーーーーーーーーーーーーーーーー


中山11(ニュージーランドT)。今開催の中山マイル戦がどうも前残りばかりなもので、しかも延長組が奮わないということで(僕調べでは)、本命はスンナリ7スズカゼに決まる。対抗も短縮の14タイセイスターリーに。これには、単に延長だからというわけでもなく、ファルコンSのレベルが怪しいという思いもあった。


結果:スズカゼ4着。ん、これはぼくわるくない。パトロール見てパトロール。なんで内空けてるの?で、内から抜けられてしかも詰め寄られるとかなんすかそれ?なんか入線後隼人がシュタルケに何か言ってたらしいけど自分の間抜けぶりを棚に上げてんな。


反省点:ゴールドアクター降ろされてやる気なくしてんのかもな。そこまで考えたら買ったおれが悪いんだろうな?!

+レースレベル自体全然だと思いますし、だからこそファルコン組で余裕だったのでは?実質1400。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


(画像が前後してますが、)

福島12。比較的高速馬場なんですが、どうもそれ向きなのが少ないなーと感じ、高速上がり向きだと感じた14ラブリーアモンを狙いと定め、相手はやはり内枠かな?枠連を買いたかったので、2頭とも脈アリこ2枠に。枠連2-7。


結果:惜しくはない1-3着。テイエムフタエマルにまたしても秋山が捲りで絡み(結果1着だから仕方ないな!)ロングスパート、上がりがかかるレースになってた。それじゃ足りなくなるわなーヒメタチバナでも足りるわなーと。なんやかんや内前にいないと勝負にならん馬場で7枠というのも良くなかったです。捌くのにめっちゃ苦労してました。


反省点:さっきも書いた通り。買わんでいい。強いて言えば田中健の逃げは割とガチだということを知るよい機会になったので今後に活かせれば活かします。

+秋山さんが捲り前付けで勝ってしまいましたので、明日は壮絶な捲り合戦が予想されます。穴狙うなら明日ですよ。(さっき買うなと言ったがあれはr


ーーーーーーーーーーーーーーーー


中山12。高速前残り気味ということでここは差しを狙いたいと考えました。(こういうシチュで差し狙おうとして、実際差しが間に合ってもなかなか馬券取れないんですよ。どの差しが飛んでくるかがゲート開かないと分からん部分がどうしても残る)

このあたりはもう残高も尽きる頃でとにかく当てたいといっつもテキトー枠連を濫用してしまう癖がありまして(しかもオッズすら見てない)、そうなるとさっきと同じように2頭とも脈ありげなとこに目が行き、2枠軸の2、3、4枠へ流す。


結果:目論見通り前がやり合うも、沈んだのはその人気薄2頭のみ、3番手からあっさり抜けた馬が勝ち、2着は例の「一頭だけ末がハマった差し馬」。


反省点:馬券に根拠が乏しすぎる。こんなのは単なる運だめし。たたき台にする価値もない。

+ただ、見えたものはある。中山ダート短距離で、内枠は最近やたらと馬券になるが、好位インというのは半端すぎて伸びも垂れもしない。内枠だとスタートしてポジション取りに行くのに多少脚を使ってしまうため、どうせ差すのなら真ん中くらいの枠の方が差しやすいよってことが。

→中山ダート短距離、差し馬を狙うなら内枠は厳禁(追い込みでもぶん回すことになる)